ダブルボトム・ダブルトップ

2020年6月21日

ダブルボトムとはどんな形?

ダブルボトムの発生は、下落トレンドの終焉の予兆と言えます。
なぜ終焉の予兆なのか?


相場が高値も安値も切り下げ勢いよく下落してきました、そして、ある地点で高値が前回の高値を切り上げました、次に安値は前回の安値を切り下げられず安値更新が出来ませんでした。

底が2点出来て上昇のサインです。
切り上げた高値の位置がネックラインになります。

再度、前回の最安値から上昇してきた際に、このネックラインを中心にロングポジションを持ちます。
ポジションを持つ際の注意点は、ダブルボトムが出来たことが確認できましたら、ネックラインまで戻りを待ち、一度ネックラインを越えて、再度ネックラインに戻った所でロングポジションを持ちましょう。
いわゆる、押し目買いと言われている手法です。

画像を参考にして、実際のチャートで確認をして下さいね。
割と沢山見つけられると思います。

ダブルボトム強い上昇のサインですので、落ち着いて最適なポジション取りをしましょう。
でも、損切ポイントには忘れずに予約を入れて下さいね。

私の損切ポイントダブルボトムの最安値より先、10pips程度でやっています。
ダブルボトムの位置を越えると、最安値の更新になりますので下落トレンドがまだ、続く可能性が高くなります。

ダブルトップはどんな形?

ダブルトップはダブルボトムの反対の性質で、上昇トレンド終焉の予兆と言えます。

上昇相場の勢が弱まってきて、今まで切り上げていた安値を切り下げてしまいました、そして、高値は前回の高値を超えられませんでした。
頂点が2点出来て下落のサインです。

切り下げた安値がネックラインになり、再度高値を付けて下落してきた際に、このネックラインを中心にショートポジションを持ちます。
ショートポジションを持つタイミングは、ダブルトップが確認できてネックラインまでの下落を待ち、一度ネックラインを越えて戻って来たところでショートポジションを持ちます。これが、戻り売りと言われている手法です。

ダブルボトム強い下落のサインですが、忘れずに損切ポイントに予約を入れて置きましょう?
損切する位置はダブルトップの先、10pips程度が良いと思います。
10pips先に上昇する事で高値の更新になり、戻らない可能性が高くなります。
上昇トレンドの継続ということになります。

ダブルトップ・ボトムのまとめ

ダブルボトムダブルトップも相場の方向性を位置づける強いサインですが、相場に絶対は有りませんので、資金に余裕が持てる枚数でFXを楽しみましょう。
ハイレバレッジでロット数を多くし過ぎますと僅か10pips動いただけで数万円の損益が発生し、心が休まりません。

私もFXを始めた、リーマンショック直前の頃にロット数が大き過ぎて3日間、眠れない日も経験しました。
今は、相場の予想が外れてもそれ程、悩まずに損切が出来る枚数でFXを楽しんでいます。